ライセンス講習のこだわり

オープンウォーターライセンス(Cカード)は、スキューバダイビングを楽しむための最も一般的なライセンスで、世界中の海でダイビングを楽しむことができます。

一度取得したら、一生もののライセンスだからこそ、ぜひ継続してダイビングを続けていただきたいとう願いから、フォレストではできるだけ楽しんで講習を受けていただけるよう、内容にさまざまな工夫をこらしています。

★ 講習は少人数制で、日程の調整を致します! Check Point1

◆ライセンスを取りたいけど、なかなかお休みが取れない・・・
◆参加者の人数が多いと嫌だなぁ・・・

オープンウォーター講習は、通常3日間の講習日程が必要となります。なかなか3連休のお休みを取れない方も多い世の中、フォレストでは、日程を分けての講習もお受けすることが可能です。お休みがとりにくい方は、ぜひご相談下さい。

また、一度にお受けする参加人数は、最大4名様までとさせていただきます。講習をみっちり受講していただくためにも、1~2・3名様で開催することがほとんどです。マンツーマンということもよくあります。

★ 型にはめられた講習内容ではなく、内容を工夫しています! Check Point2

◆ライセンス講習って大変そう・・・
◆泳ぎが苦手だけど大丈夫・・・?

ダイビングは、日常生活とはまったく異なる水中という環境から、水に慣れている方や泳ぎが得意な方など、かなり個人差があらわれるスポーツです。フォレストでは、どんな人にも同じような内容で講習を開催するのではなく、個人個人に合わせて講習をすすめていくことはもちろん、内容にも工夫をこらして、無理のないよう開催するように心がけています。泳ぎが苦手な方でも、水に対する極度な恐怖心がなければ大丈夫です。

★ 楽しみながら、実際のダイビングに役立つスキル練習を! Check Point3

◆講習はスキルの練習ばかりでしんどそう・・・
◆講習でも魚を見たりして楽しめたらいいなぁ・・・

オープンウォーターのライセンス講習は、ダイビングの第一歩である講習のため、やはりいろいろなスキル練習が組み込まれています。いざという時の対処法を学ぶ重要なスキル練習ですが、ただひたすら練習を繰り返すのではなく、なぜこのスキルが必要なのか、どういう時に必要となるのか・・・を学びながら、実際のダイビングでの体験や経験談をまじえて、できるだけ楽しみながら受講していただけるように行っています。

また、海洋実習2日目には、ファンダイビングに近い状態で、ダイビングを楽しみながら講習の仕上げを行っていくようにしています。

★ ライセンス講習は、基本ウェットスーツで! Check Point4

◆寒い時期にライセンスを取れるのかしら?
◆ドライスーツは難しいって聞いたけど・・・

フォレストでは、ライセンス講習の実施期間を4月~12月とさせていただいております。

その理由として、冬用ドライスーツを着用せず、ウェットスーツまたはスキンスーツでの講習を行うためです。

ライセンス講習では、慣れない水中でいろいろなスキル練習を行います。通常のスーツでも、はじめはなかなか浮力調整ができないもの。そのうえ取り扱いが難しいドライスーツでの講習は、スムーズに講習がすすまない、また十分なスキル練習ができない可能性があるからです。

やむを得ない事情でない限り、フォレストでは基本ウェットスーツでの受講をおすすめしております。

★ ライセンス取得後も万全のフォロー体制! Check Point5

◆ライセンスを取ってから、がんばってどんどん潜りたい!
◆器材が欲しくなってきたけど、何を買ったらいいのか・・・

スキューバダイビングは、ライセンス取得してからがスタートです。フォレストでは、ライセンス取得後も、和歌山の海をホームグラウンドとして、無理なく続けていただけるよう万全の体制でお待ちしています。

ちょっと期間があいてしまった・・・、ステップアップしたい!、そろそろ器材を揃えたい!などなど・・・

いつでも気軽にご連絡いただけると嬉しいです。どんな小さなことでもお聞き下さい。

自然遊学Forest Facebookページ