ダイビングポイント紹介 ~紀伊大島・須江

ダイビングエリアマップ

白浜 すさみ 串本 紀伊大島・須江

【白浜から各エリアへの移動時間】

  • ◆白浜~すさみ 約35分
  • ◆白浜~串 本 約70分
  • ◆白浜~紀伊大島&須江 約90分

※左のエリア名をクリックすると、各エリアのページに移ります。

「紀伊大島」「須江」ってどんな海?

紀伊大島・須江エリアは、潮岬を境に串本と反対側のエリアとなり、海の中の様子がまったく変わります。
内湾は、黒潮の影響が少なく、生物の種類も異なっていて、串本とは違った面白さがあるエリアです。
黒潮の入りが悪いため、透明度はあまり期待できませんが、特に須江の「内浦ビーチ」は、他では見られない生物が目白押しで、フォト派から絶大な人気を誇るポイントとなっています。
外洋ポイントは、入り組んだ複雑な地形や、ダイナミックに切り立った根があるなど、ドリフトダイビングを楽しめます。
時期を見極めて狙っていきたいエリアです。

紀伊大島・須江ダイビングイメージ

line

【紀伊大島の主なポイント】

  • ◆オロツの浜
    ボート10分
    初心者もラクラクエントリー。生物も多くマルチなポイント。
  • なぎの谷
    ボート8分
    砂地がメインのポイント。ナイトボートダイビングで利用。
  • ◆シシクイ
    ボート5分
    大島沿いに洞窟があり、地形が面白いポイント。
  • ◆グランドキャニオン
    ボート10分
    ポイントの名の通り、地形がダイナミックなポイント。
    流れが入ることがあり、中級者~のエントリー。
  • ◆スクランブルコーナー
    ボート15分
    外洋ポイント。回遊魚の群れが多く、入り組んだ根の間をドリフトで潜る中級者以上のポイント。
  • ◆23(ツースリー)
    ボート15分
    ドリフトでもアンカリングでもOK。マクロでもワイドでも楽しめる。
  • ◆ビッグアンカー
    ボート10分
    ドリフトでダイナミックに潜れる中級者以上のポイント。

【須江の主なポイント】

  • ◆内浦ビーチ
    ビーチ
    フォト派ダイバーに人気の冬季限定のスーパービーチ。
    ビーチでありながら水深は25m以上とれるポイント。
  • ◆白野ビーチ
    ビーチ
    主に講習で利用するポイント。
  • ◆ナギザキ
    ボート3分
    須江を代表するボートポイント。
    地形もダイナミックで、オキノスジエビの大群が見られることで有名。
  • ◆地蔵岩
    ボート1分
    砂地メインのポイント。おだやかなのでじっくり生物を観察できる。
  • ◆コワリ下
    ボート3分
    養殖タイのいけす(コワリ)の下のポイント。
    何が出るかわからない!?
  • ◆犬飼いの浜
    ボート3分
    ある時期だけ、異様にネコザメが多く見られる。
  • ◆シックスフォーティー
    ボート5分
    名の通り、水深6mから40mまで一気に落ちる、とてもダイナミックで大物も期待できるポイント。

自然遊学Forest Facebookページ